産み分けブログ

女の子欲しすぎる!ピンクゼリーのこと

色々と産み分けについて調べてたら、やっぱりゼリーを使う産み分けが主流みたいです。

 

というのも、女の子を妊娠したいなら、X染色体というのをもっている精子が受精しないといけません。

 

そのX染色体は、酸性に強くてアルカリ性に弱いという性質を持ってます。

 

なんで、酸性を強くするピンクゼリーを使うとX染色体にとっていい環境と言えるみたいです。

 

ピンクゼリー

 

人によっては、自分の膣の中をリトマス紙で調べる人もいるみたいで・・・

 

世の中にはツワモノがいますな!って感心してたんですが、それもやっぱり、どうしても女の子が欲しいという気持ちの表れですよね。

 

気持ちはわかりますよ。

 

さすがにモモはリトマス紙ないし(理科室にあったけど、どーやって入手するんだw)そこまではできませんが、ピンクゼリーはネットで買って使おうと思っています。

 

 

ピンクゼリーの種類

 

ピンクゼリー

 

ピンクゼリーは種類がいくつかあって、ハローベビー、ベイビーサポート、ピンクゼリーという主に3つあるようです。

 

あとは、産婦人科で売ってる、ザピンクゼリーみたいなものもあるので、正しくは4つですね。

 

(すいません、私は女の子の産み分け希望なので、女の子用のゼリーについて調べたことを書いています)

 

産婦人科に打ってるものは、瓶にゼリーが入っていて、注射器で吸って膣から入れるタイプですが、一般的に売ってるゼリーは、1つ1つが袋で包装されていて、タンポンみたいに入れて使うタイプです。

 

モモ的に、衛生面も気になるので、産婦人科のタイプはあまり好みではないです。

 

毎回お湯で湯煎もしないといけないみたいなので、仲良しの時にそんなことしてられませんしね笑。

 

なので、ハローベビーかベイビーサポートかピンクゼリーを買おうと思っています。

 

ただ、口コミがどれも似たり寄ったりなものが多いので、悩みどころではあります。

 

安いに越したことはないので、料金的に一番手軽なものにするかもしれません。

 

またどのゼリーを買ったかは、このブログで紹介しますね!

 

 

こんにちは、モモです。

 

今日は私が、色々なサイトなどで調べた産み分けについて書いていきます。

 

 

【産み分けの確率】

 

産み分けをしたい私としては、結構どれくらいの確率で産み分けが成功するのかっていうのは死活問題でして・・・笑。

 

成功率ってどうなんだろうって思います。

 

普通の妊活が50%だとしたら、産み分けがどれくらいの確率に上がるのかって皆さん気になりますよね。

 

でも、正直、色々なサイトを見ましたが、はっきりと何パーセントかなんていうのはわからなくて、人によって、サイトによって様々でした。

 

まあ、データを取りようがないっていうのもあるんでしょうね!

 

もし、確率が50%から55%くらいにしか上がらないんだったら・・・と思うと、すでにふたり男の子を生んだ私としては不安になります笑。

 

ちょっとでも確率が高くなる方法っていうのが、巷でよく言われるいろんな対策をした産み分け方法なんでしょうね〜。

 

 

【産み分けにかける思い】

 

私としては相当必死です。

 

というか、女の子が生まれる事しか考えられません!笑

 

でも、もしもしもし、男の子が生まれてももちろん可愛がって大事にしますよ!

 

だけど今は女の子を授かることだけ考えたい!

 

信じる者は報われるっていうじゃないですか!

 

なので、気持ちだけは女の子ママで痛いと思います。

 

 

【産み分けをするとき病院に行くべきか】

 

ピンクゼリー

 

産み分けをするには、病院に行くべきかということですが、やっぱり行った方が確率は高いみたいです。

 

というか、排卵日がちゃんとわかるんだったら自分でやっても一緒かなって思います。

 

モモの場合は、わりと排卵日がしっかりとわかる方で、整理もぴったり28日で毎月くるので、予測は立てやすいんだと思います。

 

本当は病院に行った方がいいのはわかっていますが、なかなか通うってなると億劫にもなりますよねぇ。

 

確立を少しでも上げたいならそんなこと言っている場合ではないんですが・・・笑

 

 

産み分けをやっている病院もそんなに多くないのが現状で。

 

ただでさえ産婦人科って減ってるし、出産できるところなんて限られてます。

 

産み分けは分娩がないようなクリニックでもしてるところもあるみたいですが、電話で断られてしまったところもあります。

 

一番近くて行きやすいところもやってませんと言われたばかり。

 

どうするべきか悩みますが、まずは産み分けに必要なグッズもそろえていき、次の排卵を待つことにします。

 

 

色々調べて、ピンクゼリーランキングなるものを見つけました。

 

>おすすめのピンクゼリーランキング